2022.01.11
瓶の奥にある風景を伝える、ユニフォーム[オーダーメイド]
酒乃店はやしのみなさま

100年以上前、福井県武生町(現越前市)の小さな酒屋から始まり、北陸や全国のお酒を皆様に届けてまいりました。これまでは越前市と福井市春山にて営業をしておりましがたが、この度二つの店舗を一つにし、福井市西方にて新たな越前酒乃店はやしを始めることとなりました。

新店舗では今まで以上に全国のお酒を広く提供し、さらに「総菜 謹 – Kin -」にて手仕事の肴を提供いたします。

わたしたちのお店のテーマは「瓶の奥にある風景を伝える」であり、このことを見つめながら日本農業の延長線上にある手作りの酒をお届けいたします。

新しいお店を開くにあたり、わたしたちのユニフォームもオリジナルでつくることにしました。以前のユニフォームのカラーはベージュだったのですが、今回はより落ち着き感のある深いカーキ色にしました。マットな感じが伝わる生地なので、落ち着いた雰囲気のあるお店にはすんなり馴染んでいると思います。

また生地はストレッチがきいているので、お酒を運んだりと何かと体を動かすことの多い仕事では動きやすく感じます。胸元にはお店のロゴマークを刺繍で入れてワンポイントにしました。

お店では全国の希少なお酒を多く扱っていることもあり、それぞれのお酒がつくられた背景や特徴をお客様に説明する機会が多いのですが、やはりオリジナルでつくったユニフォームを着ているとわたしたちの仕事に対してもより誇りを感じることができます。

これからもより一層多くの皆様に愛されるよう弊社一丸となって努力をいたす所存です。

Client|酒乃店はやし

酒乃店はやし Instagram

オーダーメイド品について
オーダーメイド品
メンズ/レディース不問
000
ALL