2019.08.01
福井県越前市で
8/31-9/1に開催される
千年未来工藝祭に出店します。
千年未来工芸祭
メインヴィジュアル

samue、それは作務衣という元々はお寺の修行僧が着用する作業着から発想し、
このサイトのネーミングに使わせてもらいました。

一説には作務衣の発祥は福井県の山奥にある禅寺、曹洞宗大本山の永平寺と言われています。
形が心をつくるように、作務衣という形をまとうことで修行僧は、

精進する心をつくっているのでしょうか。

samue wearをつくる縫製工場が同じ福井県にあることも、必然かもしれません。

ところで作務衣と聞けば皆さんがイメージするデザインのカタチはひとつかも知れません。

ですがsamue wearでは、国内外で活躍するデザイナーたちが色々なカタチの
samueをデザインしています。

つくるのは作務衣、つまり作業を務めるための衣服ですが、
そのカタチ、デザインはひとつではありません。

またワークウェアをつくる上で、会社やチームのロゴマーク、
ネームなどもワークウェアにとっては大切な要素です。

samue wearでは刺繍やプリント技術を用い、
ワークウェアにオリジナルのアクセントを加えることもできます。

ワークウェアのデザイン性はもちろん大事ですが、
やはり本来の用途は仕事着だということを忘れてはいけません。

作業の内容によっては、ワークウェアに強度が要求されたり、防汚性が必須だったりします。

それぞれの用途に必要とされる機能を、
素材の段階からしっかりとつくりこむこともsamue wearの特徴です。

またワークウェアは着用頻度が高いため、
時にはお直しが必要になることもあるかもしれません。

samue wearでは、良い品質のワークウェアを提供する、ということが大前提にありますから、
寸法直しや、お修理を希望されるお客様には誠実な対応や、
購入後のアフターケアをさせていただきます。

会場の様子

samue、それは作務衣という元々はお寺の修行僧が着用する作業着から発想し、
このサイトのネーミングに使わせてもらいました。

一説には作務衣の発祥は福井県の山奥にある禅寺、曹洞宗大本山の永平寺と言われています。

形が心をつくるように、作務衣という形をまとうことで修行僧は、
精進する心をつくっているのでしょうか。

samue wearをつくる縫製工場が同じ福井県にあることも、必然かもしれません。

ところで作務衣と聞けば皆さんがイメージするデザインのカタチはひとつかも知れません。

ですがsamue wearでは、国内外で活躍するデザイナーたちが色々なカタチの
samueをデザインしています。

つくるのは作務衣、つまり作業を務めるための衣服ですが、
そのカタチ、デザインはひとつではありません。

またワークウェアをつくる上で、会社やチームのロゴマーク、
ネームなどもワークウェアにとっては大切な要素です。

samue wearでは刺繍やプリント技術を用い、
ワークウェアにオリジナルのアクセントを加えることもできます。

ワークウェアのデザイン性はもちろん大事ですが、
やはり本来の用途は仕事着だということを忘れてはいけません。

作業の内容によっては、ワークウェアに強度が要求されたり、防汚性が必須だったりします。

それぞれの用途に必要とされる機能を、
素材の段階からしっかりとつくりこむこともsamue wearの特徴です。

またワークウェアは着用頻度が高いため、
時にはお直しが必要になることもあるかもしれません。

samue wearでは、良い品質のワークウェアを提供する、ということが大前提にありますから、
寸法直しや、お修理を希望されるお客様には誠実な対応や、
購入後のアフターケアをさせていただきます。